SNS Share Next Stage

SNS Share Next Stage

2021年9月16日(木)-20日(日)

– SNS-Share Next Stage-平松宇造と敬愛しあう世界のアーティストたち
2021年9月16日(木)~9月20日(月・祝) 10:00~20:00(最終日は17:00まで)
会場:博多阪急 7階 イベントホール「ミューズ」
入場料:無料

平松宇造さんは、Instagram(インスタグラム)の世界において、日本人コンテンポラリーアーティストとしては異例の5 万人を越えるフォロワーを有する美術家です。
この展覧会では、その平松さんとSNS上で交流する国内外の作家約20名の作品を一堂に展示。会場の展示作品はその場で購入することも可能です。SNS全盛の時代だからこそ心に響く、現代アートの魅力と世界観をぜひ会場にて体感してください!

参加作家:AleksandarKrajinovi(ドイツ)/DavidJ.Marchi(アメリカ)/EMMAZHANG(中国)/FelipeAlonso(スペイン)/HilaryELLIS(イギリス)/JingYou(台湾)/LeeMcKenna(オーストラリア)/MagdalenaMorey(スペイン)/MARYI(フランス)/PaulBrigham(アメリカ)/Zohar(イスラエル)/黎志文(台湾)/井上陽子(日本)/鷹尾葉子(日本)/高島進(日本)/田鎖幹夫(日本)/東真里江(日本)/広瀬良二(日本)/韓美華(日本)/平松宇造(日本)
企画:Gallery MORYTA

私が、平松宇造と出会ったのは、3年前の彼のアトリエでした。その時、彼が描いた数点の「花」の絵に強く惹かれたことを思い出します。対象を直情的に切り取るのではなく、オブラートに包まれているかのように 表現された花たちは、平松独自の視点により、内面に潜む“本質を見抜く力”が見事に表現されていました。 ちょうど、台湾高雄市で開催される「ART KAOHSIUNG」の直前であったことから、彼の作品出展を打診したところ快諾してもらいました。 フェア初日、当地の誰もが知っている著名なコレクターが、彼が描いた花の前で釘付けとなり、「全作品私のコレクションにする」と言ったのです。さらに台湾の有力なギャラリーにも強く推してもらったことで、今 年の索卡芸術(台湾・台南)での展覧会開催、さらに10月には台湾最大のアートフェア「ART TAIP EI」への参加と繋がっていきます。
ところで、みなさんは平松宇造というアーティストをご存知でしょうか。 日本国内においては、広く知られる存在ではないかもしれませんが、Instagram の世界では、日本人コンテンポラリーアーティストとしては異例の5 万人を越えるフォロワーを有しています。しかも、その多くが自国でも評価の高いアーティストやアート関係者たちです。 アーティストにとって、SNSは自分たちの作品を発表する新たな場となり、作品の話題が瞬時に世界を駆け巡ります。そうした平松とSNSなどを通じて交流する国内外のアーティストたちの作品が博多阪急に集結しました。日本を飛び出したアートシーンの怒涛を少しでも感じていただけたら幸いです。 アートは世界の共通言語であり、本来グローバルなものです。これまで、どちらかというと自国だけの価値観で支配されてきた我が国のアートに、この展覧会が一石を投じることを願っています。
「既成の概念に楔を打ち、新たな世界を創造する。」いま、私たちはそんな時を迎えているのではないでしょ うか。日々繰り返される日常のありきたりの価値観をもう一度見つめ直す。アートには、そうした「世界を 変える」力が宿っていると信じています。
ギャラリーモリタ 森田俊一郎