桜井 孝身

Takami Sakurai

1955年、桜井孝身は前衛美術集団「九州派」を結成します。
戦後、日本の現代芸術の大きな潮流をつくった「九州派」のリーダーとして、福岡から全国へ、フランス・アメリカなど海外にも発信した芸術家です。
読売アンデパンダン展、九州派東京展にも先頭となり参加し、「ネオ・ダダ」などとも積極的に交わりながら、前衛芸術の急先鋒としての「九州派」の存在を印象付けていきました。

65年、サンフランシスコに渡り、ビートニクの詩人であるアラン・ギンズバーグゲーリー・スナイダーと出会い、哲学的・宗教的な問題への関心を強く持ちます。70年、2回目の渡米、サンフランシスコで日本人芸術家共同体「コンニャク・コミューン」を創設します。1973年以降フランスに渡り、以後、福岡市中心に、東京、パリなどで多く個展を開催しました。

その生涯はドラマティックで、膨大で多様な作品はエネルギッシュで私達に表現の意味をたたきつけてきます。初期はアンフォルメル絵画が主でありましたが、次第に反芸術的オブジェ、パフォーマンスへと展開。作品はコールタール、アスファルト、ムシロ、ドンゴロス(麻袋)といった労働者の生活臭と結びついた素材の使用で特徴付けられます。

桜井は海外生活の中で、より明るく開放的な極彩色の細密な表現へと変化します。
桜井が描く絵画の中の人物や顔は赤で色付けされ、この熱さの象徴である赤という色が「社会的しるし」となります。それぞれの人々は独自の存在としての生活を持ち、同時にヒッピーたちが発見したように、さまざまな色をした人種の人間共同体の生活である事を描き出そうとしました。彼のテーマは「平和」や「命」に愛着を抱き「人類と宇宙」を描いているのかもしれません。

1953 福岡学芸大学卒業
1955 第40回二科展 東京都美術館
1956 ペルソナ展 福岡県庁西側外壁
1957 – 68 九州派参加
1965 渡米 (〜’67)
1970 可能性への意志 北九州市八幡美術館
第4回九州・現代美術の動向展 福岡市文化会館
桜井孝身個展 福岡市文化会館
2回目の渡米 コンニャク・コンミューンを始める(サンフランシスコ)
1971 コンニャク・レポルージョンアート展(サンフランシスコ)
1973 名古屋市長選挙指名大会 麻布公会堂
フランスへ移る
1974 グループ「クスグリ」結成(パリ)
1975 第7回今日の美術展 福岡市文化会館
1975 個展 画廊春秋 / 東京 (’79,’83,’87,’88)
1976 個展 福岡画廊(’77,’79,’80)
1977 個展 ランベール画廊 / パリ(’81,’82)
1978 ルーベン大学招待展
1979 「髭の痕跡 桜井孝身小文集」
1980 福岡市美術館開館1周年アジア現代美術展 福岡市美術館
1982 個展 ギャラリーDON / 福岡市
1983 1960年代- 多様化への出発 東京都美術館
1983 個展 ギャラリーロビン / 福岡県甘木市
1983 個展 フジカワ画廊福岡店
1984 現代美術の20年 群馬県立近代美術館 / 高崎市
1985 個展 リブ / 北九州市
1986 サロン・ド・メ展(〜88)
1986 個展 ジャンク画廊 / パリ
1987 個展 ほわいとギャラリー / 福岡市(〜88)
1987 「I DISCOVER JESUS CURISTY IS A WOMAN」出版
1988 九州派展〜反芸術プロジェクト 福岡市美術館
1995 戦後文化の痕跡 目黒区美術館 / 東京
1998 戦後日本のリアリズム 名古屋市美術館
1998 福岡美術戦後物語 福岡市美術館
2001 ネコに犯された桜井孝身 ギャラリー風 / 福岡市
2002 ナイーブな絵画 福岡市美術館
2004-05 痕跡 – 戦後美術における身体と思考「痕跡―戦後美術における身体と思考」京都国立美術館・東京都国立美術館
2005 九州力 -世界美術としての九州 熊本市現代美術館
2006 SAKURAI NAKAMURA二人展 福岡市美術館特別展示室B
2007 喜多美術館 「人間誕生とパラダイスへの道 シリーズ」 / 奈良
2012-13 美術にぶるっ!ベストセレクション 日本近代美術の100年 第二部実験場1950s 東京国立近代美術館
2014 「桜井孝身/オチ・オサム/石橋泰幸―九州派黎明期を支えた3人の画家」福岡市美術館


【English】
Sakurai was a main member of the avant-garde art group “Kyushu-ha”.
Sakurai Takami is an artist, who as the leader of “Kyushu-ha” created a major trend among contemporary art in post-war Japan, which spread from Fukuoka to the whole country and also France, the United States and other overseas countries. Throughout his life he was very dramatic; his enormous and diverse works are energetic and face us with the true meaning of expression. Initially his main focus was on informal paintings, but it gradually expanded towards anti-artistic objects and performances. His works are characterized by the usage of materials that are connected with the smell of a workers life, such as coal tar, asphalt, woven mats and dungarees (jute bag).

As from 1973 he lived in France. The people and faces in Sakurai’s paintings are coloured red, so that the colour, a symbol of heat, becomes a “social sign”. Each person has a life of their own, while at the same time expressing the colourful life of human communities, like the hippies.
His theme may be drawing “humanity and the universe” with a loving embrace of “peace” and “life”.

1953 graduated Fukuoka Liberal Arts University
1955 40th Nika Art Exhibition, Tokyo Metropolitan Art Museum
1956 Persona Exhibition, outer west side of the Fukuoka prefectural office
1957-68 part of Kyushu-ha
1965 went to the United States (~’67)
1970 “Kanousei e no Ishi“ Kitakyushu Hachiman Museum of Art
Kyushu: Trends in Japanese Contemporary Art Exhibition, Fukuoka Bunka Hall
Sakurai Takami solo exhibition, Fukuoka Bunka Hall
went to the United States for the second time, started working with the konyaku commune (San Francisco)
1971 Konyaku Revolution Art Exhibition (San Francisco)
1973 Nagoya mayor nominating election convention, Azabu public hall
moved to France
1974 formed the group “Kusuguri” (Paris)
1975 7th Art Of Our Time Exhibition, Fukuoka Bunka Hall
1975 solo exhibition Gallery Shunju/Tokyo (’79, ’83, ’87, ’88)
1976 solo exhibition Fukuoka Gallery (’77, ’79, ’80)
1977 solo exhibition Yvon Lambert Gallery/Paris (’81, ’82)
1978 Rubin University invitation exhibition
1979 “Sakurai Takami’s small anthology: Kami no Konseki”
1980 Exhibition of Asian Contemporary Art, Fukuoka Art Museum
1982 solo exhibition Gallery DON/Fukuoka
1983 1960s – departure towards diversification, Tokyo Metropolitan Art Museum
1983 solo exhibition Gallery Robin/Amagi, Fukuoka
1983 solo exhibition Fujikawa Gallery, Fukuoka Store
1984 20 Years of Contemporary Art, The Museum of Modern Art Gunma/Takasaki
1985 solo exhibition Ribu/Kitakyushu
1986 Salon de Mai (~’88)
1986 solo exhibition Junk Gallery/Paris
1987 solo exhibition White Gallery/Fukuoka (~’88)
1987 published “I DISCOVER JESUS CURISTY IS A WOMAN”
1988 Kyushu-ha exhibition ~ anti-art project Fukuoka Art Museum
1995 “Japanese Culture: The Fifty Postwar Years”, Meguro Museum of Art/Tokyo
1998 Realism in Postwar Japan, Nagoya City Art Museum
1998 Fukuoka Bijutsu Sengo Monogatari, Fukuoka Art Museum
2001 Neko ni okasareta Sakurai Takami, Gallery Kaze/Fukuoka
2002 Naïve art, Fukuoka Art Museum
2004-05 Traces: Body and Idea in Contemporary Art
2004 National Museum of Modern Art, Kyoto/National Museum of Modern Art, Tokyo
2005 Kyushu Ryoku – Sekai Bijutsu toshite no Kyushu/Contemporary Art Museum Kumamoto
2006 SAKURAI TAKAMI two people exhibition, Fukuoka Art Museum special exhibition display room B
2007 “Birth of Humanity and the Road to Paradise Series“ Kita Modern Art Museum/Nara
2012-13 “Art Will Thrill You!: The Essence of Modern Japanese Art, Experimental Ground
1950s“/National Museum of Modern Art, Tokyo



「鳥と火山」
oil on canvas / W450 × H380 mm / 1982


「無題」
oil on canvas / W450 × H330 mm


「天使」
oil on canvas / W410 × H320 mm


「太陽への道」
oil on canvas / W380 × H455 mm


「天使」
oil on canvas / W180 × H140 mm


【About Kyushu-Ha】

Japanese text
English text
Chinese text


【Website Japanese】
東京文化財研究所 福岡を拠点に結成された前衛美術集団「九州派」の創立メンバーとして知られる美術家の桜井孝身 website

【Article Japanese】
毎日新聞 19th.Sep 1973 放浪者の鎮静 article

フクニチ新聞 9th. Aug.1976 しあわせになる絵 article

西日本新聞 23th.Jul. 1977 愛を歌う曼陀羅 article

フクニチ新聞 26th. Jul. 1977 パラダイスへの招待 article

創造へのどん欲な試行 article

幻想的な愛の描写 article

ランベール画廊 桜井タカミ ある哲学的画家 1977 article


Gallery MORYTA exhibition 九州派 2019 website
Gallery MORYTA exhibition 九州派 2018 website