【Japanese] 1959 兵庫県生れ 1982 武蔵野美術大学造形" /> 高島 進 – Gallery MORYTA | ギャラリーモリタ

高島 進

Susumu Takashima

【Japanese]
1959 兵庫県生れ
1982 武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業
1984 武蔵野美術学園油絵科修了
1987 アジェンデ美術学校(メキシコ)に1年留学

高島進はインク、筆、色鉛筆などの特徴を生かした、彼にしかできない手法で作品を作る。
彼の作品は、筆のインクの減少、あるいは色鉛筆や金属の芯の摩耗によって太さがかわっていく線を、並べて反復して描くことでできあがる。彼の作品は、それぞれの素材固有の線の結晶体と言える。
「筆、インクと紙のためのドローイング」「鉛筆削り、色鉛筆とキャンバスのためのドローイング」「金属筆と紙のためのドローイング」等題名は、その手法が、手段と目的を反転させる試みであることを示唆している。それは、その曲が「ピアノとヴァイオリンのための音楽」等、どの楽器のために書かれたのかを示すクラシックの器楽曲のタイトルから着想された。
高島は、制作の手段と目的が変われば作品の意味と内容も、自ずと変化すると信じている。
高島の作品は、時間と集中力を必要とする。
そして、繊細でありながら力強く、美しい。—日本の美術の多くがそうであるように―

○ 月刊アートコレクターズ 「展覧会レポート」 2019より
幾本もの線が外側から内側に向かって一筆で描かれる。
色鉛筆で描くとペン先が摩滅し、細い線から太い線に変化する。
筆ならばインクがだんだん薄れるし、銀筆、金筆で描くと、紙が削れへこんでい手元が揺れたりする様も線に現れる。
驚くべき忍耐を必要とする反復作業により、自然発生的に現れた造形が面白い。
鉛筆や筆、キャンバスが作品を描くための道具では一なく、目的となっている。
手段が目的となったときに、予期せずうまれるものを作家は実験しているし、その結果を楽しんでいるようだ。
例えば家電製品の使い方を誤った時に起こる予期せぬ事態。
作品の場合、そこまで危険ではなく被害もないが、そのようなドキドキがあるのかもしれない。
いずれにせよ作家の執念やこだわりには驚嘆すべきものがある。

▪️個展
2019 CHANDLER FINE ART(サンフランシスコ)
2018 Shonandai Gallery(東京・六本木)
2017 白銅鞮画廊(東京・京橋)
2016 Shonandai MY Gallery(東京・六本木)
2014 CHANDLER FINE ART(サンフランシスコ)
2014 Shonandai MY Gallery(東京・六本木)
2013 白銅鞮画廊(東京・京橋)
2012 CHANDLER FINE ART(サンフランシスコ)
2012 Shonandai MY Gallery(東京・六本木)
2011 白銅鞮画廊(東京・京橋)
2011 元麻布ギャラリー佐久平(長野)
2011 Shonandai MY Gallery(東京・六本木)
2010 ギャラリー舫(東京・銀座)
2010 Shonandai MY Gallery(東京・六本木)
2009 Shonandai MY Gallery(東京・六本木)
2008 ギャラリーテムズ(東京・小金井)

▪️ グループ展
2018  「月とtofuと迷宮歩行」高島進・高木健多展、 画廊香月/東京・銀座
2017 MY ap.pr 2017 山本秀明、高島進展、Shonandai MY Gallery/東京・六本木
2011 「時を刻む線-現れる面」木藤恭二郎+高島進展、Gallery FACE to FACE/東京・吉祥寺
2011 美術館で学問ノススメ 美術鑑賞=娯楽×向学,青梅市立美術館/東京
2011 第2回「ドローイングとは何か」展,ギャルリー志門/東京・銀座
2010 六・面・展・、Gallery FACE to FACE/東京・吉祥寺
2010 日米アートカイト展,静岡文化芸術大学、CHANDLER FINE ART/サンフランシスコ
2009 顔顔顔展、Shonandai MY Gallery/東京・六本木
2009 kunStart/イタリア・ボルザーノ
2000 木下晋・高島進・浜田賢治三人展、ギャラリー・しらみず美術/東京・銀座

▪️ アートフェア
2018 ART KAOHSIUNG/台湾
2015 YIA International Art Fair/パリ
2014 Contemporary Art Fair Brussels/ベルギー
2012 ArtPadSF、Phoenix Hotel/サンフランシスコ
2010 kunStart/イタリア・ボルザーノ
2010 +PLUS Tokyo Contemporary Art Fair、東美アートフォーラム/東京・新橋
2009 kunStart/イタリア・ボルザーノ
2006 アート上海2006
2006 SCOPE/ ニューヨーク

▪️ アワード
2007 現代日本美術会審査員特別賞
2002 第11回青木繁記念大賞公募展/優秀賞
2000 第14回多摩秀作美術展/大賞
1998 第3回アート公募99企画作家選出作品展/ギャラリー賞
1997 第2回昭和シェル石油現代美術賞展/奨励賞
1997 ABC美術コンクール/優秀賞
1990 第16回日仏現代美術展/日本テレビ奨励賞

▪️ 収蔵
青梅市立美術館
羽田空港(JAL内ダイアモンドプレミアラウンジ)


【English】
1959 Born in Hyogo, Japan
1982 Graduated from the Department of Architecture of Musashino Art University
1984 Completed from the Department of Oil Painting of Musashino Art School
1987-88 Studied at the Department of Fine Arts of Institute Allende, Mexico

“Susumu Takashima creates works of art using a technique that only he has mastered. He makes use of the peculiarities of ink, brush, and coloured pencils. Each work is made up of an accumulation of lines, whose width changes all the time as a result of the wearing of the point of the pencil and the using up of the ink on the brush. The titles of his works, such as Drawing for Brush, Ink, and Japanese Paper or Peinture pour taille-crayons, crayons de couleur et toiles (“Painting for Pencil-sharpener, Coloured Pencils, and Cloths”), refer to the titles used in classical music, which indicate which piece was written for which instrument.”
“Takashima’s work requires a lot of care and patience. His works are extremely delicate, but at the same time strong and beautiful, which is a characteristic of Japanese art.”

▪️ Solo Exhibition (recently)
2019 Chandler Fine Art, San Francisco, CA
2018 Shonandai Gallery, Roppongi, Tokyo
2017 Gallery Hakudotei, Kyobashi, Tokyo
2016 Shonandai MY Gallery, Roppongi, Tokyo
2014 Chandler Fine Art, San Francisco, CA
2014 Shonandai MY Gallery, Roppongi, Tokyo
2013 Gallery Hakudotei, Kyobashi, Tokyo
2012 Chandler Fine Art, San Francisco, CA
2012 Shonandai MY Gallery, Roppongi, Tokyo
2011 Gallery Hakudotei, Kyobashi, Tokyo
2011 Motoazabu Gallery Sakudaira, Nagano
2011 Shonandai MY Gallery, Roppongi, Tokyo
2010 Gallery Beaux, Ginza, Tokyo
2010 Shonandai MY Gallery, Roppongi, Tokyo
2009 Shonandai MY Gallery, Roppongi, Tokyo
2008 Gallery Tems, Koganei, Tokyo

▪️Selected Group Exhibition (recently)
2018 ART KAOHSIUNG 2018, / Gallery MORITA + Gallery KAZUKI, Taiwan
2018 Takashima + Takaki Exhibition/ Gallery KAZUKI, Ginza, Tokyo
2018 Art Fair Asia Fukuoka 2018, Fukuoka
2018 Affordable Art Fair Hong Kong 2018, China
2017 Affordable Art Fair Brussels 2017, Belgium
2017 Hideaki Yamamoto, Susumu Takashima Exhibition/ Shonandai MY Gallery, Roppongi, Tokyo
2015 YIA International Art Fair, Paris, France
2014 OFF Contemporary Art Fair, Brussels, Belgium
2012 “Encouragement of learning” at the Museum/ Ome Municipal Museum of art, Ome, Tokyo
2012 ArtPad SF (Phoenix Hotel/ San Francisco)
2011 Kito + Takashima Exhibition/ Gallery Face to Face, Kichijoji, Tokyo
2011 THE 2nd “WHAT IS DRAWING” EXHIBITION/ Galerie Simon, Ginza, Tokyo
2010 +PLUS Tokyo Contemporary Art Fair/ Tobi Art Forum, Tokyo
2010 Art Kite Show/ Gallery of Shizuoka University of Art and Culture, Hamamatsu/ Chandler Fine Art, San Francisco
2010 kun Start/ Borzano, Italy
2009 kun Start/ Borzano, Italy

▪️Award
2007 The 5th Contemporary Art Society of Japan (Examiner Special Prize)
2002 The 11th Memorial Exhibition of Aoki (Excellent Prize)
2000 The 14th Fine Art Exhibition in Tama (Grand Prix)
1998 The 3rd Contest for the Best Contemporary Art Work ’99 (Gallery Prize)
1997 ‘97 ABC Art Contest (Excellent Prize)
The2nd Showa Shell Contemporary Art Contest (Encouragement Prize)
1990 The 16th Exposition : France-Japan (Nihon TV Encouragement Prize)

Public Collection
Ome Municipal Museum of Art, Ome, Tokyo
Haneda Airport, Tokyo



「balance (yin) /drawing for gold point, color gesso and canvas」
gold point (24k), color gesso, canvas
W340 × H310 mm  2015
サンドペーパーで削って尖らせた直径2㎜の金線を、ホルダーに入れて筆記具とした金筆。この金筆で描かれた線は、最初が一番細く、徐々に太くなります。
Lines made by a metal point are narrowest immediately after sharpening and gradually become wider.


Ⅰa(yang) violet: green: orange=3:2: 1 /drawing for brush, ink and paper
pigment ink, Japanese paper, brush (Raphael 8408-4)
900×900mm  9 Dec.2016
筆で描かれた線は、インクを含んだ最初が太く、徐々に細くなり、かすれて行きます。この作品では、同明度に調整された青、黄、赤という三原色の線が1:2:3の割合で構成されています。色線の順番はサイコロの出目でランダムに決められます。
Lines made by brushes are thickest at the beginning, and gradually become thinner and fainter.
I used the colors blue, yellow and red, which are the three primary colors adjusted to the same brightness. The order of the color lines was chosen randomly by rolling dices.


shadow(curtain) BG(yang)violet: green: orange=2:1:6
/ drawing for pencil sharpener, colored pencils and canvas colored pencils, canvas, color gesso
845×440mm 27 Jan. 2010


little sprout violet : green : orange =3:1:8 /drawing for pencil sharpener, colored pencils and canvas
colored pencils, canvas, color gesso
600×600mm 20 Apr. 2018
Drawing for pencil sharpener, colored pencils and canva


forest (yin) /drawing for gold point and paper
gold point(20K), paper (Cotman 270g/㎡)
370×454 (120×192)mm 11:03-16:32 17 Oct. 2018
Drawing for metal point and paper
サンドペーパーで削って尖らせた直径2㎜の銅線を、ホルダーに入れて筆記具とした銅筆。この銅筆で描かれた線は、最初が一番細く、徐々に太くなります。
銅で描かれた線は、徐々に錆びて黄色くなり、緑青が生える可能性があります。
Lines made by a metal point are thinnest immediately after sharpening and gradually become thicker.
Lines drawn with copper may turn to blue green.


【Text Japanese】
道具と素材のためのドローイング ー 高島進 text

素材がわたしに描かせている text

【ArticleJapanese】
月刊ギャラリー 2019.9 「素材がわたしに描かせている」 text

高島進個展-CHANDLER FINE ART- 2014 text

Off – Brussels Contemporary Art Fair 2014 Agenda Magazine text

YIA アートフェア 2015 Mahaut Le Lagadec text

【Text English】
Drawing for Tools and Material text

The material makes me draw text

【Article English】
Gekkan Gallery Materials Are What Make Me Draw sep 2019 article
A very different combination of chance occurrence and methodical effort informs the work of Japanese artist Susumu Takashima at Chandler Fine Art. article

CONTEMPORARY ART INBRUSSELS/OUTSIDE 2014 article

YIA International Art Fair 2015 Moderneast Magazine article