鳥越一輝展 Do Change with ART

Kazuki Torigoe exhibition

2021年6月1日(火)ー 7月11日(日)

鳥越一輝展 DO CHANGE WITH ART
インテリアアートなんて言葉はクソ喰らえ
アートはアートだ!
企画協力:Gallery MORYTA

2021年6月1日(火)ー 7月11日(日)
ネットワーク・グリーンサイド
久留米市天神町66-6

2019年、600人強が参加した田川市美術館主催の「英展」にて、3人の審査員が文句なしに鳥越をグランプリとしたことからも証明される美術界が望む逸材だ。
アートが薄っぺらとなりつつある昨今、アート本来が持つ重厚さと奥深さを秘めた作品を次々に発表し、話題を投げかける。
鳥越一輝の奇跡のような繊細で始めるエネルギーが「アートは世界共通」だということを再認識させてくれる。

鳥越にとって絵画は描くだけではなく「構築」に近いものかもしれない。
常に新しい素材や試みに挑戦し続ける。描く、塗る、削る、さらに引っ掻き、魔いたりと、その時に沸き起こる感情をキャンバスにただひたすらにぶつける。
激情の中に繊細が交差する。世界で渦巻く無限大なアートシーンを見据える彼を誰も止めることは出来ない。

1986福岡県小郡市生まれ
2005筑陽学園デザイン科卒
2007日本デザイナー学院九州校卒
2007吉浦拓三氏に師事
2019第1回タガワアートビエンナーレ英展大賞受賞「FACE」福岡県田川市美術館買い上げ所蔵
2019第2回枕崎国際芸術賞展Dreams Come True賞受賞「INOCHI」鹿児島県枕崎市企業買い上げ所蔵
2019村岡屋ギャラリー英展大賞受賞・枕崎国際芸術賞展受賞記念展(福岡)
2020博多阪急KyushuNewArt出展
2021なかお画廊春ハレ展(熊本)

【Text Japanese】
画家 鳥越一輝 田川市美術館学芸員 原田歩夢 text

【Article Japanese】
【福岡のニュース】久留米市のカフェ「NW green side」にて 気鋭の美術家 鳥越一輝の個展開催 web

【Web Japanese】

田川市美術館 「コレクションと新収蔵作品展」 web

日本デザイナー学院 卒業生は今 web

J-COLLABO・OLG N.Y Kazuki TORIGOE web