異彩を放つ九州派〜それから〜 <博多阪急にて>

Kyushu-Ha exhibition

2020年10月13日(火)ー 10月18日(日)

1950年代より芸術の変革が叫ばれはじめ、国内でも多種多様な美術が登場し始めた時期。
東京の「ネオ・ダダ」、関西の「具体美術協会」などが台頭するなか、特に異彩を放った九州派です。
その活動期間は1957年から1968年と10年あまりですが、解散後も九州派に所属していた各メンバーたちは創作活動を続けました。
今回、メンバー所属時の作品から、その後の活動の作品まで展示販売いたします。

近年、世界の現代アートのマーケットは飛躍的に伸びています。
しかし、そうした世界の現況を知っている美術関係者は、ここ日本では数少ないのが現状です。
いったい私たちはこれからどのようにアートと関わっていくべきなのか。
その答えの一つが「九州派」だと確信しています。
世界基準から大きく逸れてしまった日本のアートシーンの中、アート本来のグローバル性を呼び戻す大きな可能性を「九州派」に感じています。

九州派は名前にしても、超ローカルなのですが、
グローバルな価値を築き上げることのできる要素を「九州派」はたくさん持ち合わせています。

九州派は素人集団と言う方もいます。
しかし、中途半端な美術教育を受けていないからこそアートが持つ「感動」を大きく感じさせてくれるのではないでしょうか。

九州派の各メンバーは解散後、それぞれに独自の生き方を貫き、作品も数多く生み出してきました。
アート本来の「自由」を謳歌し、年代ごとに様々な挑戦もし、作風も大きく変化してゆきました。

この展覧会は、九州派の紹介のみならず、
アートが持つ「革新性」を呼び覚ましてくれるでしょう。

ぜひ、博多阪急にてご確認ください。

https://www.hankyu-dept.co.jp/hakata/h/2020/1006artstation/page01.html

「『九州派』-史実と演義の狭間で」 宮津大輔(アート・コレクター、横浜美術大学 学長)

 第二次世界大戦(1939 年~1945 年)は全てを破壊し尽くし、あらゆる既存の価値観を転覆させた。もちろん、文化・芸術もその埒外ではなかった。終戦後、世界中で巻き起こった「抽象表現主義」や「アンフォルメル」が我が国にも伝播し、敗戦で打ちひしがれた自らのアイデンティティを探るため、ジャンルを超えて数多くの「抽象・非形象」的な表現が生まれ出でたのである。しかし、高度成長期に向かいつつある中で、パフォーマンスは絵画へ、革新的表現は家元制度などへ収斂されていくことになる。一方で、読売アンデパンダン展(フランスのサロン・デ・アンデパンダンに倣った無審査、無償の自由出品形式の年次展覧会)会場は、「反芸術」思考を有する若手アーティストたちの熱気で満ち溢れていた。
 その頃、豪放磊落でありながら稀代の理論家であり、組織を束ねる力に優れた桜井孝身は、二科展の第九室(実験的表現に特化した作品に焦点を当てた部屋)に展示されたデビュー作が、岡本太郎に激賞されるほど鋭敏な前衛性を備えたオチ・オサムと運命の出会いを果たす。動と静あるいは太陽と月ともいえる二人の回りに個性豊かな星々が集い、やがてそれは「九州派」という銀河系を形づくるに至ったのである。「反中央」を掲げ既存画壇に異を唱え、三池争議では労働者と共闘。そして、画材代りにアスファルトをぶちまけたダイナミックな作品をものするなど、現在の官製による”脱東京””地方創生”が霞むほどに、彼らは生活者視点によって地域の社会的現実を捉えることに血道を上げていたのである。
 「大激論の末、芸術論争は酒の飲み比べで決着する」や「時に手が出る激しい内部抗争」ばかりが半ば伝説化されているが、彼らの真の姿は今、ここに在る作品が何よりも雄弁に物語っている。
 洒落たデパートのスペースに展示された自らの作品を、既に鬼籍に入ったメンバーは草場の陰から笑っているであろうか。否、デパートで店員として働き、催事場で楽焼に絵付けしながら、作品を制作していたのが「九州派」である。安っぽいマーケティング戦略や理想論に終始する芸術とは無縁の、そして流行とは程遠い表現の数々をその目でとくとご覧あれ。

「九州派−賽は投げられた」 岩渕貞哉(「美術⼿帖」総編集⻑)

 戦後⽇本の⼤きな前衛運動のなかで、現在もっとも評価のむずかしい(確定されていない)ものが、九州派だろう。それは、その活動最盛期の作品と記録の多くが残されていないことによるとされてきた。しかし、ほんとうにそうだろうか?
 これまで「九州派展」(福岡市美術館、1988年)や書籍『九州派⼤全』(2015年)などを通じて、九州派時代の研究は確実に進んできた。いっぽうで、芸術運動の総体としての九州派にとどまらない、個々のアーティストの作品(それは九州派以降の作品を含む)の全⾯的な開陳と批評から、九州派が持っていた核⼼的な可能性を遡⾏的に掘り出していくことがもとめられている。
 この展覧会は、その端緒となるものである。「歴史の空⽩でひたすら眠りこけている」(椹⽊野⾐)九州派が「世界」へ向けて、ついに覚醒するときがきた。そのとき、九州も⽇本の「地⽅」からアジアの「ハブ」へと変貌を遂げているだろう。

「異彩を放つ九州派 〜それから〜」 九州派事務局 尾花 基
1956年、経済白書が「もはや戦後ではない」と記し、日本は高度経済成長の端緒に着こうとしていた頃です。また同時期、全国では安保闘争の嵐が吹き荒れ、九州では三池争議が熾烈を極め、激動の60年代に向かっていました。

その頃、美術界でも大きな変革の流れが沸き起こっていました。フランスのミッシェル・タピエが来日し「アンフォルメル(非定形)」旋風を巻き起こし、東京の「ネオ・ダダイズム・オルガナイザー」、「ハイレッド・センター」、「名古屋のゼロ次元」、関西の「具体美術協会」など反芸術を掲げた芸術集団が日本各地で結成されていきます。
その中でもひときわ異彩を放ったのが1957年、福岡の地に突如出現した前衛美術集団「九州派」なのです。

桜井孝身とオチ・オサムの奇跡の出会いによって誕生した九州派は反芸術、反中央、反権威の思想のもと、ある意味過激とも言える活動を開始します。
1958年、東京都美術館で開かれていた出展料さえ払えば誰でも出せる「読売アンデパンダン展」に共同作品を出品。その中に製作途中で出たゴミをアスファルトで固め、ムシロでくるみ、縄で縛ったものがありました。そしてそれは同展の出品拒否第一号になります。
その後も東京の銀座画廊、南画廊などでグループ展、個展などを開き、東京地方へ殴り込みを続けるのです。

その活動の中でグループ内での意見の対立による脱会、再入会、別グループの立ち上げなど様々な動きが起こっていきます。活動自体もグループ発表から個人発表へと変化していきます。
1963年、百道海岸で行われた「英雄たちの大集会」という一大イベントを最後に九州派は実質終わったと評されることもあります。
しかし、九州派創始者のひとり桜井孝身は1965年に渡米後、サンフランシスコで少人数ではありますが、九州派展を開き九州派が続いていることを証明して見せています。彼自身にとって九州派は永遠だったのかもしれません。

1968年、機関紙「九州派」は8号をもって発刊を終えます。そして、この年のグループ展を最後に九州派は解体したことになっています。
しかし、解散宣言があったわけでもなく、九州派は続いていると思っている者、過去に葬った者、人それぞれだったのかもしれません。そんなことはどうでもいい。あの時代、九州派の洗礼を受けた画家たちはどこかにその名残りや影響を引きづりながら、また、それを乗り越えながら創作活動を続けていったのです。その生の終わる間際まで絵筆を取り続けた画家もいます。
所属期間の長短はあれども、あの熱気に一度でも包まれた血気盛んだった若き芸術家たちは一生その精神を忘れなかったはずです。

ここに展示されている作品はそんな彼らの生きた証でもあるのです。


” ‘Kyushu-ha’-Between historical facts and popularisation”
Daisuke Miyatsu (Art Collector, President of Yokohama University of Art and Design)

World War II (1939-1945) destroyed everything and overturned all existing values, of course, culture and art were also not out of the question. After the end of the war, “abstract expressionism” and “art informel” that wrapped up the world spread to Japan.

In order to search for one’s identity that had been crushed by the defeat, many “abstract and non-figurative” expression styles were born. However, as we move towards a period of rapid economic growth, performance converges into paintings and innovative expressions are constricted by institutions. On the other hand, the venue of the Yomiuri Independent Exhibition (an annual exhibition without jury nor reward that imitated the Salon des Indépendan in France) was filled with the enthusiasm and “anti-art” thoughts of young artists.

Around that time, Takami Sakurai, a broadminded and rare theorist who had excellent ability to unite organizations, had a fateful encounter with Ochi Osamu whose debut work was exhibited in room 9 of the Nika Exhibition (a room focusing on works specializing in experimental expression) which was highly praised by Taro Okamoto for its keen avant-garde character. Unique stars gathered around the two people, who could be called dynamic and static or the sun and the moon eventually forming a galaxy called the “Kyushu-ha.” He advocated for “the anti-centre” and made objections against the existing painting circles and joined the workers in the Miike dispute.

Then, they used asphalt instead of painting materials creating dynamic works almost overshadowing the current “de-Tokyo” and “regional revitalisation” by the government.
They became obsessed with capturing the social reality of the region from the ordinary citizen point of view.

The “after a heated discussion, the art debate is settled by drinking alcohol” and “sometimes violent internal conflict” are half-legendary, but their true form is the work that is here now, speaking eloquently above anything else.
Is the member who has already entered the roster of the dead laughing in the shadow of its grave about their work being exhibited in a stylish department store space?
No, it was the “Kyushu-ha” who worked as a clerk at a department store and created works while painting Raku ware at the exhibition hall.
Take a look at a number of expressions that are unrelated to cheap marketing strategies and idealistic art, and that are far from fashionable.

 ”KyushuーHa Point of no return”
Sadaya Iwabuchi (General Editor, “BIJUTSUTECYO”)
Among the major avant-garde movements in postwar Japan, the one that is currently the most difficult to evaluate is probably Kyushu-ha. It has been attributed to the lack of many of the works and records of their golden days but is that really the case?

Until now, research in the Kyushu-ha era has steadily progressed through the “Kyushu-ha Exhibition” (Fukuoka City Museum of Art, 1988) and the book “Kyushu-ha Taizen” (2015).

On the other hand, Kyushu-ha is not limited by the art movement as a whole, the full expression and criticism of the works of individual artists (including works after the Kyushu-ha) is also required to uncover the core possibilities of the Kyushu-ha.

This exhibition is the beginning of that. “I’m just sleeping in the void of history” (Noi Sawaragi), it’s time for the Kyushu-ha to finally awaken towards the “world”. At that time, Kyushu will also be transformed from a “region” in Japan to a “hub” in Asia.