「九州派をつくったもの、九州派からうまれたもの」桜井孝身・櫻井共和展

The man who created Kyushu-Ha,the man who was born from Kyushu-Ha

2022年10月8日(土)~10月19日(水)

1950年代から福岡を拠点とし⽇本美術の⼤きな潮流をつくった前衛芸術家グループ「九州派」の代表メンバーとして活動したアーティスト桜井孝⾝(1928年〜2016年)と、⽗である孝⾝とともに渡⽶し幼少時から絵筆に囲まれて過ごしアーティストとして活動する息⼦、櫻井共和の⼆⼈展。

1950年代、⽇本の前衛グループは、コミュニズムが考えていた社会主義的な前衛と20世紀初頭のモダニストが考えていた芸術的前衛とがあり、殆どの前衛グループは芸術の前衛であったのに対し、九州派は社会主義的前衛グループの代表の⼀つでした。その思想的⽀柱であったのが桜井孝⾝です。孝⾝は九州派解散後はアメリカに流れ、ビートニックやヒッピー運動に⾝をおきながら、ハイカルチャーやサブカルチャーの区別なく、⽣きるということが芸術であるという信念の元、⽣活者としての芸術を追い求めました。
共和は、幼少期より絵画の才能に目を付けた九州派の主導者である父に絵画指導を受け、孝身を慕うメンバーたちに囲まれる独特な環境で育ちます。16歳で孝身とともに渡米し、ヒッピー文化を背景に、ビートニクの詩人であるアレン・ギンズバーグとの出会いや、その他の生活体験など、多感な時期に大きな影響を受けながら美術の道へ進み、渡仏を経て帰国後は九州を中心に作品の発表を続けています。

会期|2022年10月8日(土)~10月19日(水)
時間|11:00~20:00 ※最終日のみ、18時閉場
会場|銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM(イベントスペース)
入場|無料
主催|銀座 蔦屋書店
協力|Gallery MORYTA
お問い合わせ|03-3575-7755(営業時間内)/info.ginza@ccc.co.jp

美術手帖 web

Picon 現代美術の在り方を考える。桜井孝身・櫻井共和「九州派をつくったもの、九州派からうまれたもの」web

excite news 日本の戦後美術史にドラマティックな足跡を残した桜井孝身と、息子櫻井共和の二人展 web