磨墨 静量

Seiryou SURUSUMI

台北に生まれる。
旧制五高理科甲類(現熊本大学)卒業後、国立福岡少年院法務教官として勤務しながら、独学で絵を学び幻想絵画のパウル・クレーを思わせる穏やかな画風が特徴でした。1950年代には西日本美術展に出品を重ね、また1950年より自由美術展にも3年連続入選を果たしました。1957年に九州派結成に深く関わり、「グループQ18人展」に出品。アンフォルメル(非定形)の抽象作品で前衛美術の可能性を問い、グループ内で「アカディズム派」と呼ばれた。1959年には「グループ西日本」を立ち上げて、「九州派」から離脱。その後、斎藤 秀三郎さんらと「グループ西日本展」(西日本美術協会展)を立ち上げる。1967年頃より商品の制作に専念しました。

「九州派」の中でも異彩を放ち、穏やかな画風の作品から、墨を基調とした激しいタッチの作品まで、色と形をテーマにしてさまざまなアプローチで作品を作り続けました。
“叙情に安住するのではなく、画面を革新しようという気持ちをいつも持っていた”とされます。

1925 台湾台北に生まれる
1945 旧制五高理科甲類(現熊本大学)卒業
1949 国立福岡少年院法務教官(~”50)
1950 1955 第19回自由美術展 東京都美術館(”55〜’57)
1955 第6回西日本美術展 福岡玉屋 (〜’57)
1957 – 59 九州派に参加
1957 山内重太郎、磨墨静量二人展
1957 グループQ18人展(九州派の別称として使われた)
1958 第1回アンデパンダン展(西日本新聞社講堂)
1958 第22回自由美術展(東京都美術館)
1958 トキワ画廊 個展
1959 岩田屋 個展
1959 第9回モダンアート展(東京都美術館)
1959 グループ西日本発足通知 斎藤秀三郎と九州派を離脱
1960 グループ西日本展(福岡丸善画廊)「日本の時(モメント日本)」
1960 第1回西日本展(銀座画廊)
1960 東京なびす画廊 個展
1960 第2回西日本展(福岡丸善画廊)「ダイナミック・サウンド」
1961 第3回西日本小品展(天神ビル)
1961 第4回西日本展(福岡丸善画廊)
1962 第5回西日本美術協会展(新天会館)グループ西日本改称
1965 集団21展(県文化会館)「浮上する無限」「沈降する無限」
1966 第9回福岡県美術協会展「浮上する無限」
1988 九州派展 – 反芸術プロジェクト 福岡市美術館
2001 福岡市で死去



「non title」
oil on canvas
W116 × H230 mm


「華」
oil on canvas
W116 × H230 mm /1967


「樹花」
oil on canvas
W116 × H230 mm /1967


【About Kyushu-Ha】

Japanese text
English text
Chinese text


Gallery MORYTA exhibition 九州派 2019 website
Gallery MORYTA exhibition 九州派 2018 website