宮崎準之助

Junnosuke MIYAZAKI

【Japanese】
福岡県早良郡脇山村(現福岡市)に生まれる。県立中学修猷館を経て、京都学芸大学(現京都教育大学)特修美術科で彫塑を学ぶ。昭和31年から北九州市に居住し、県立小倉聾学校等で美術教員を務め、同時に福岡の前衛美術集団「九州派」に参加。九州派解散以降も、芸術を生活者の視点でとらえるという思想を誠実に展開させ、同41年の初個展以降は、くすのきを主素材とした木彫作品を制作する。同57年福岡県文化会館で大規模な個展を開く。没後、平成10年福岡県立美術館で初回顧展が開催された。

「…幾シリーズかの制作を通過して、さて、ぼくは何処へ行こうとするのか。
アーティストであれアルチザンであれ、ぼくの命運は定まっているだろうが、ただの人間の地平だけは喪いたくないと思っている。
そんな野暮ったれの営為に、もしかして僕らの時代に根源に迫るものがあり得るとすれば幸いと言うべきであろう。」宮崎準之助
「1970-九州・可能性への意思展」図録より

▪️ 個展
1966 スルガ台画廊初個展
1982 福岡県文化会館個展
1986 「くすぐるま」 INAXギャラリー
1998 特別企画展「くすだまとくすぐるまの庭から 福岡県立美術館

▪️ グループ展
1961 九州派展 銀座画廊
1962 英雄たちの大集会 海岸に穴を掘り続けるパフォーマンス
1965 九州派小品展 福岡ビル
1965 九州派展 福岡県文化会館
1967 第1回九州・現代美術の動向展 福岡市民会館
1967 横田健三・宮崎準之助2人展 信濃橋画廊/大阪
1969 第3回九州・現代美術の動向展 福岡市民会館
1970 可能性の意思展 北九州市立八幡美術館
1971 第5回九州・現代美術の動向展 福岡市民会館
1972 可能性の意思展 北九州市立八幡美術館
1974 九州現代美術「幻想と情念」展 福岡県文化会館
1975 鉛筆における表現展 東亜画廊
1976 アーティスト・ユニオン・シンポジウム 東京都美術館
1978 今日の美術展 北九州市立美術館
1978 現代九州彫刻展 石橋文化センター
1980 福岡現代彫刻作家展 福岡市立美術館
1988 九州派展ー反芸術プロジェクト 福岡市美術館
1998  毎日新聞 10月23日Article


【English】
Jutaro MIYAZAKI was born in Wakiyama Village (now Fukuoka City) in Sawara-gun, Fukuoka Prefecture. After going through the prefectural junior high school Shuyukan, he studied sculpture at the special art department of Kyoto Gakugei University (now Kyoto University of Education).

He has lived in Kitakyushu since 1956. He was an art teacher at the prefectural Ogura Deaf School and at the same time participated in the avant-garde art group “Kyushu School” in Fukuoka. Even after the dissolution of Kyushu-Ha, he faithfully developed the idea of ​​capturing art from the perspective of consumers.

Since the first solo exhibition in 1966, he has been producing wood carvings made mainly of Kusunoki. He opened a large-scale solo exhibition at the Fukuoka Prefectural Cultural Center in 1982. After his death, the first exhibition was held at the Fukuoka Prefectural Museum of Art in 1998.

▪️ Solo exhibition
1966 First exhibition at Surugadai Gallery
1982 Solo exhibition at Fukuoka Prefectural Cultural Center
1986 “Tickle Bear” INAX Gallery
1998 Special Exhibition “From Kusudama & Tickleman’s Garden”
Fukuoka Prefectural Museum of Art

▪️ Group exhibition
1961 Kyushu-Ha Exhibition Ginza Gallery
1962 A great gathering of heroes Performance to continue digging holes on the coast
1965 Kyushu-Ha Piece Exhibition Fukuoka Building
1965 Kyushu-Ha Exhibition Fukuoka Prefectural Cultural Center
1967 1st Kyushu / Contemporary Art Trend Exhibition Fukuoka Civic Center
1967 Kenzo Yokota / Junnosuke Miyazaki two-person exhibition Shinanobashi Gallery / Osaka
1969 3rd Kyushu Contemporary Art Trend Exhibition Fukuoka Civic Center
1970 Potential Intention Exhibition Kitakyushu City Yawata Museum of Art
1971 5th Kyushu Contemporary Art Trend Exhibition Fukuoka Civic Center
1972 Intention of Possibility Exhibition Kitakyushu City Yawata Museum of Art
1974 Kyushu Contemporary Art “Fantasy and Passion” Exhibition Fukuoka Prefecture Cultural Center
1975 Pencil Expression Exhibition Toa Gallery
1976 Artist Union Symposium Tokyo Metropolitan Museum of Art
1978 Today’s Art Exhibition Kitakyushu City Museum of Art
1978 Contemporary Kyushu Sculpture Exhibition Ishibashi Cultural Center
1980 Fukuoka Contemporary Sculptor Exhibition Fukuoka City Museum of Art
1988 Kyushu-Ha Exhibition-Anti-Art Project Fukuoka City Museum of Art



「半空のブロック」

各177x181x113mm 1967


「昭和初期ー塾」
樟 タブ
各1810x1545x553mm 1974


「木の球による提示」
杉 松
最大径490mm 1966


「ギッコン車」
樟 桜
最大径2012x887x1690mm 1973


【About Kyushu-Ha】

Japanese text
English text
Chinese text

【Text Japanese】
機関誌「九州派」7号 桜井考身 text

【Article Japanese】

毎日新聞 1998 年 10 月 23日 Article