ギャラリーモリタは福岡市内にある文化スポット「けやき通り」に1991年にオープンしました。 これまで、企画展のみにとどまらずトークイベントや音楽ライブ、パフォーマンスなどさまざまな試みを数多く開催し、総合芸術を展開するとともに、緊張感溢れる刺激的な空間を創出してきました。

ギャラリー内の活動だけでなく、美術館での企画、地域の文化イベントなども積極的に行なってきました。
主な活動に1999年福岡アジア美術館オープニング企画「オンバク・ヒタム」、2000年福岡市美術館三菱地所アルティアムとの共同開催「FUKUOKA ART PUROJECT」などがあります。
さらに、2015年より福岡初のアートフェア「ART FAIR ASIA FUKUOKA」を立ち上げ、引き続き運営に携わっています。

同じ時代を生きるアーティストや作品を独自の視点で発掘し紹介しています。近年、めまぐるしい活躍を国内外で展開するSeason Lao三津木晶などの若手作家を紹介し、評価を得ています。さらに吉田重信高島進平松宇造などを国内外に向けて積極的に紹介しています。
一方、1950、60年代に起きた前衛芸術活動にもフォーカスをしています。世界的に大きな評価を得た日本の「具体」「もの派」はあまりにも有名です。ほぼ同時期に「九州派」「集団蜘蛛」といった日本の地域ムーヴメントがあります。国境を越えてみると、台湾には「東方画会」「五月画会」「中國現代版画会」といった素晴らしい活動が起こりました。私たちはそうした芸術の面白さや深さ、そして世界と共有する喜びを一人でも多くの方々に伝えていきたいと心がけています。

ギャラリーでは作品と鑑賞する人々との間に生まれる空気のようなものを大切にしています。 作品と対峙することにより新しい価値観が生まれ、意識が変わり、そして表情が輝いてくる、そんな人々をたくさん見続けてきました。 そして、これからもそうありたいと願っています。

年代別に見るGallery MORYTAの歩み&掲載記事etc web→


Gallery MORYTA opened in 1991 in Keyaki street, an important cultural spot in Fukuoka city. We focus on displaying and introducing contemporary art and their creators. Besides exhibitions, the gallery also holds more general cultural events such as panel sessions, live music and performances.

In addition to the activities in the gallery, we are also actively engaged in planning museums exhibitions and cultural events in the area. In the past we have contributed to the realization of events such as the Fukuoka Asian Art Museum Opening Project “Ombak Hitam” (1999) and the “Fukuoka Art Project” held together with the Fukuoka Art Museum and Mitsubishi Estate Artium (2000). Furthermore, since 2015 we are annually presenting the “ART FAIR ASIA FUKUOKA”.

We discover and introduce artist and works with unique perspectives.
Meanwhile, we are also focusing on the avant-garde art activities that took place in the 1950s and 60s. Japan’s well regarded ”Gutai” and ”Mono-Ha” are famous worldwide, but around the same time, there were also regional movements in Japan such as “Kyushu-ha” and “Shudan-kumo”; across the border, Taiwan has had intriguing movements such as “Tong Fang Painting Association” and “Fifth Moon Group” as well. We aim to convey the interest and depth of such art to as many people as possible, to share that joy with the world.

In recent years, we introduced young artists such as Aki Mitsugi, Season Lao, and others who have developed and expanded their activities in Japan and abroad, and received high appraisal.

The gallery values the atmosphere created between the artwork and the viewer. People, who came to the gallery have discovered new values by studying the artworks, broadened their consciousness and we hope to see the lightening up of expressions in the future as well.


Gallery Moryta於1991年在福岡市的文化景點“Keyaki Dori”開業。 到目前為止,我們已經舉辦了許多展覽,如談話活動,現場音樂會和表演等等,我們發展了綜合藝術,創造了充滿活力及令人興奮的空間。

除了畫廊活動之外,我們還積極規劃地區的美術館和文化活動。
主要活動有1999年福岡亞洲藝術博物館開館紀念活動“Onbac Hitam”,2000年福岡市美術館,以及與三菱地所ARTIUM共同舉辦的“FUKUOKA ART PROJECT”等等。
此外,自2015年起,我們推出了福岡第一屆藝術博覽會“ART FAIR ASIA FUKUOKA”,並繼續參與營運。

我們從獨立的角度來發現和介紹同一時代的藝術家和作品。 近年來,我們引進了年輕藝術家,如三津木晶(Aki Mitsugi)Season Lao等在日本和國外開展的年輕藝術家,並獲得了高評価。
與此同時,我也專注於1950年代和60年代發生的前衛藝術活動。 日本的“具体”和“Mono派”獲得了全球的廣泛認可,這一點非常有名。 幾乎在同一時間,日本有區域運動,如“九州派”和“集団蜘蛛”。 當我們越過邊界時,台灣有很多精彩的活動,如“東方畫會”,“五月畫”和“中國當代版畫”。 我們試圖向更多的人可傳達這種藝術的樂趣和深度以及分享。

我們畫廊珍惜作品與觀眾之間創造的空氣。 通過作品,創造了一些新價值觀,意識也發生了變化,閃耀了很多種表情,我已見過很多次。 希望未来也是。