Gallery MORYTA

about Gallery MORYTA

 ギャラリーモリタは福岡市内にある文化スポット「けやき通り」に1991年にオープンしました。 これまで、企画展のみにとどまらずトークイベントや音楽ライブ、パフォーマンスなどさまざまな試みを数多く開催し、総合芸術を展開してきました。

ギャラリーでは作品と鑑賞する人々との間に生まれる空気のようなものを大切にしています。 作品と対峙することにより新しい価値観が生まれ、意識が変わり、そして表情が輝いてくる、そんな人々をたくさん見続けてきました。 そして、これからもそうありたいと願っています。 同じ時代を生きるアーティストや作品を独自の視点で発掘し紹介しています。 また、作品展はもちろん数々のイベント開催など緊張感溢れる刺激的な空間を創出してきました。

最近では2015年より福岡初のアートフェア「ART FAIR ASIA FUKUOKA」を立ち上げるとともに、現在実行委員長を務めています。
アートがより身近に感じられるようになるべく心がけるとともに、国内外のアートフェアに積極的に参加し、内外の関係者たちとの交流を深めています。

堀越千秋や安元亮祐などの実力作家はもちろんのこと、近年めまぐるしい活躍を国内外で展開する三津木晶、Season Laoなどの若手作家を紹介し、評価を得ています。

Gallery MORYTA opened in 1991 in Keyaki street, an important cultural spot in Fukuoka city. Gallery MORYTA focuses on displaying and giving voice to contemporary art and their creators.

Besides exhibitions, the gallery holds more general cultural events such as talks, live music and performances. Gallery MORYTA aims to bring together art and those appreciative of it, in order to create an environment of confrontation and inspiration.

In 2015, the gallery held Fukuoka’s first art fair – Art Fair Asia Fukuoka – and continues to hold the position of executive chairman. The fair is part of the gallery’s effort to create a city where art is more commonplace. Additionally, the gallery participates actively in fairs both in Japan and overseas, in order to strengthen ties with stakeholders all over the world.

Aside from displaying works by veterans such as Chiaki Horikoshi and Ryosuke Yasumoto, the gallery also offers a platform for promising young artists such as Mitsugi Aki and Season Lao.


CONTACT

お名前*

your name

メールアドレス*

e-mail address

確認用メールアドレス*

e-mail address

お問い合わせ内容*

inquiry body

※すべての項目にご記入頂き、送信ください。